自分

レーシックの安全性と危険性

その圧倒的な安全性で日々施術者を増やし続けているレーシックですが、現実に100%安全を保証出来ると明言するのは危険な行為であるのも事実です。
レーシックの施術に際する器具、医師の技術など施術側には一切問題無くとも、日々変化を見せる人体に施す「手術」には違いありません。
あらゆる角度から想定される危険性を臆する事なく知っておく姿勢も不可欠です。

まずは施術が無事に終了した後、視力回復に際して「見え過ぎる不具合」が皮肉にも生じてしまう事例が確認されています。
それまで朧気にしかピントが合わず捉えられなかった状態から一転して、あまりにクリアに眼球内に入る光を捉えてしまうが故の「眼球と神経の戸惑い」と表現すればご理解いただけるでしょうか。
物が眩しく見えてしまい、暗い場所でもサングラスを要する症例も報告されています。

一定期間が経過すれば自然に改善する場合と、改善が見られず最悪再手術という展開も想定されますが、再手術に関しては条件が存在するので要注意です。
この時点で角膜に十分な厚みが残っていない場合、再手術は不可となる事を踏まえておきましょう。
次に目の病気を患っている事、あるいは過去に目の病歴がある事を隠し、虚偽申告でレーシックを受けてしまった場合、病気が進行悪化してしまうリスクが高まります。

更にレーシックを受けた事により、病気の治療に制限が生じてしまい、結果十分な治療が施せなくなる場合も考えられるのです。
こうした危険を回避するためにも、カウンセリングに際しては正直に自身の目の状態や過去の病歴を担当医に告げなければなりません。
その他痛みが続く、見え方がおかしいなど、思い描いていた術後の状態とは異なる違和感を訴える方も実際存在しています。

また術後の日常の生活習慣が原因で再度近視が進行してしまい、再び視力を低下させてしまう事例も確認されています。
こうした場合も先に述べた「その時点での角膜の厚さ」が再手術可能か否かを決定しますので、術後も視力を低下させない日常に気をつける姿勢を継続しましょう。
レーシック自体は極めて高い安全性が確認されている視力矯正法ですが、人体という予期せぬ生命体が引き起こす予期せぬ症状は防ぎ切れない部分も存在しています。
また自らの油断から再度視力低下させてしまっては元も子もありませんので、目を大切にする意識を常に維持する事でリスク回避に努めなければなりません。
レーシックで最高の効果を得る為には、皆さん自身の意識が重要なのです。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.