自分

どうしてレーシックで視力が回復するの?

ここでは少し医学的な切り口から、なぜレーシックで視力回復が実現出来るのか、そのメカニズムを極力専門用語を用いる事を避け、分かりやすくお伝えしようと思います。
抜きん出た安全性と確実な効果で人気急上昇のレーシックを推奨する声が溢れる昨今ですが、やはり「なぜ視力回復が叶うのか」を理論的に理解しておくべきでしょう。
視力低下、例えば近視や遠視は、目に飛び込んで来た光が眼球内部の網膜上でキチンとピントが合わない為に生じる症状です。

近視の場合は網膜の手前、眼球中央部で屈折した光がピントを合致させてしまい、反対に遠視は網膜の外側広報で合致する為、結果風景がぼやけてしまうのです。
この適正では無い状況を強制すべく、眼球の外側にレンズを配置する事で網膜の位置でピントを合わせる作業を担うのが、眼鏡でありコンタクトレンズです。
裸眼での近視や遠視の度数に応じたレンズ形状を用いる為に、眼鏡屋さんや眼科で正確な視力検査を行う理由も、適正に光を屈折させる上で当然の作業なのです。
そこでレーシックですが、こちらは角膜の内側にレンズを挿入する手法であり、結果眼鏡やコンタクトに頼る事無く裸眼でクッキリと風景を捉える事が可能な目の環境を整えます。
レーシックの成功例も参考になるかと思います。

点眼麻酔でレーザーを用いて角膜を一旦めくり上げ(フラップを作ります)、その下にレンズを挿入して角膜で再度塞いで再生する施術手順です。
この方法で目に入る光の屈折率を修正し、裸眼での視力回復が実現出来るのです。
角膜とその内側の形状を「コンタクトレンズを含んだ状態」に加手形成する事で、元来のポイントで光が合致する眼球を実現しているのです。

文章だけではどうしてもイメージを伝え切れない部分もありますが、更に理解を深めていただくにはインターネットの活用がお薦めです。
レーシックに関する検索を行う事で、ここで説明した内容を眼球のイラストを用いて更に分かりやすく説明している配信に辿り着けます。
レーシックを実施している医療機関のサイトにアクセスすれば、専門医の立場から図と解説で説明してくれているページをご覧いただけるかと思います。
一度にレーシック手術代を支払のは大変という方にはレーシック代をローン払いの出来る場合があるので、調べてみましょう。

手放せなかった眼鏡やコンタクトレンズを自らの眼球の中に組み込んだ状態と言えばいささか乱暴ですが、十分な視力をお持ちの方々と変わらぬ眼球の状態を復元してくれるのです。
レーシックの技術と機材は日々進歩進化を続けています。
レーシックのリスクなどは無いとは言い切れません。
今後更にその安全性と確実性をより100%に近付けて行くであろう事、間違いありません。
レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴をしっかり把握してからレーシックに挑んでみてはいかがでしょうか。
▼もっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトも参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.