自分

遠視治療にもレーシック?

最先端で優れた効果が圧倒的な注目を集めるレーシックですが、当然近眼や乱視にお悩みの方々のみならず、遠視を治したい方々にとっても見逃せない施術法に違いありません。
ですが私達が目や耳にするレーシックに関する情報の中には、遠視に対する効果を謳う文言が殆ど見当たらないのも現状です。
「レーシックは遠視治療にも効果があるのだろうか?」という素朴かつ真剣な疑問を抱く人達からすれば、これに対する説得力ある明確な回答が欲しいのも当然でしょう。

ここで遠視という症状に関し再確認しておきましょう。
遠視は黒目の外側から眼球内に入る光が網膜よりも奥側でピントを合わせてしまう状態で、結果捉えた風景がぼやけてしまう症状を指しています。
遠視は年齢が比較的小さく、成長過程で視力が不安定な子供に多く見られる症状ですが、成長に連れて次第に症状が改善されて行くのが一般的です。

但し100%自然改善される訳では無く、中には成人後も遠視の症状に悩まされる人が存在しているのです。
それでも成人後の比較的若い時期は視力そのものは良い数値を維持出来ますが、40歳手前当たりから眼球の視力調節機能が年齢と共に衰え始めると症状が強くなって来てしまいます。
いわゆる眼精疲労からそれに伴う肩凝りなど、健康状態にも悪影響を及ぼし兼ねないのです。

この症状を矯正するには、ピントを現在より前の網膜の位置に合わせるレーシック施術を施す事が効果的です。
近視の方が近視用の眼鏡やコンタクトを用いているように、遠視の方も自分達に合ったこれら視力矯正ウールを用いていますが、レーシックによって裸眼でくっきりした風景を捉える事が可能です。
眼球内で捉えた風景のピントが網膜の位置で合うように角膜に加手調整を加える意味では、近視のレーシックと根底は共通する手法なのです。

遠視レーシックに関する様々な基礎知識から専門知識、あるいは施術体験談などはインターネットを活用する事で閲覧が可能です。
遠視レーシックを実施している専門の医療機関の公式サイトを参照したり、更には実際に足を運びカウンセリングを受けるのも良いでしょう。
遠視治療にレーシックは大きな効果を届けてくれますので、ご興味をお持ちであれば、まずはご自身が安心納得出来るまで色々調べるところから着手されてはいかがでしょうか。
長年不自由を感じていた、眼鏡やコンタクトを手放せない毎日にサヨナラ出来る訳ですから、遠視レーシックの施術に踏み切るか否かを検討する価値は十分以上です。
レーシックを受けてから20年後についての記事も興味深いです。
▼もっと詳しくレーシックについて知りたい方はこちらをご覧ください。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.