自分

レーシックを受けると白内障の治療が受けられない?

念願の視力回復を叶えてくれるメリット溢れるレーシックですが、施術を受けると「白内障の治療が不可能となる」との事ですが、果たしてその真偽はどうなのでしょうか?
白内障自体は決して珍しい症状でなく、将来皆さんが患者となる可能性もゼロではありませんので、ここでは未来を見据えてこの疑問をご一緒にクリアにして行きたいと思います。
まずは白内障に関してですが、これは「目の老化現象」と位置づけられる症状であり、眼球の中の水晶体が濁り、霞みがかかったかの如く見え辛くなる症状です。

眼球をカメラに例えると角膜がレンズで水晶体は更にその内側の2枚目のレンズの役割を担っており、最終的に網膜上で入って来た光のピントを合わせる働きをするパーツです。
加齢と共に固まって行く傾向が見られ、ピントを合わせるのに支障が生じるとされています。
白内障になる原因は幾つも確認されていますが、根底に共通するのは「老い」が併発する症状という点であり、早い人であれば40歳代からの発症が確認されています。

そして治療方ですが、軽度な症状であれば薬の点眼で進行を遅らせる事も可能ですが、重度な場合は手術が必要です。
そこで引っ掛かって来るのが、冒頭で触れた「レーシック手術が白内障の手術の支障になるのでは?」という懸念なのです。
白内障の手術を施す部所とレーシックの施術部所は異なっており、実際にレーシック経験者が白内障の手術を受けた事例も確認されています。
理論上は「白内障の手術は可能」という事になりますが、一方で次に述べる問題点の指摘も見逃せません。

白内障手術に際しては、水晶体を修正すべき「度数」の事前測定が不可欠ですが、レーシックで人工的に光の屈折率を変更した状態を踏まえてその数値を算出する事は非常に困難なのです。
結果弾き出した水晶体に施すべき数値が不合致で術後の経過が思わしく無く、結果白内障の再手術となってしまうリスクが存在しています。
こうした事態を回避する為に、自身の目に関する正確なデータを常に確認出来る態勢を整えておく事が大切です。

レーシックの施術を受けた専門医にカルテのコピーを貰っておくなど、将来白内障を発症してしまった際を想定した準備を怠らない事が結果、二度三度と手術を重ねる事態を回避する上で有効です。
どれだけ医学が発達したとしても、生身の肉体の中でも極めて繊細な眼球に複数回手を加える事は、決して好ましい行為とは言えません。
白内障は年齢を重ねる上で避けられない部分もある目の劣化ですので、レーシックを受ける際には「未来の自身」をイメージした上で施術に踏み切るかとどまるかを決める姿勢も大切でしょう。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.