自分

レーシック治療に保険はきくのか

今日の治療相場としては、決して安価とは位置付けられないレーシック治療だからこそ、保険が適用可能か否かは見逃せないポイントです。
ここではレーシックと保険の適用に関し、少し掘り下げてキチンと検証しておきたいと思います。
負担すべき費用面がネックで施術に踏み切れず躊躇されているのであれば、ぜひお話する内容を参考にしてください。

我が国は世界でも有数の保険制度の充実を見せる国であり、一定の保険料を負担する事で医療機関に本来支払うべき保険料を基本3割負担に軽減されています。
この優れたシステムが国民が安心して高度な医療処置を受けられる環境を実現しているのです。
但し全ての医療診療がこの限りでは無く、例えば美容整形やインプラントなどは患者が任意で受ける医療診療の為、その費用は保険適応対象外に設定されています。

そしてレーシックも患者が任意で選択実行する施術であり、公的な保険の適用対応外の医療行為と判断されており、基本患者が治療費を全額負担せねばなりません。
この現状が結果、施術料金が安価な医療機関を選択し、それが懸念されるリスクを高める結果に繋がっている傾向も否定出来ないのが現状です。
ですがレーシックの施術費用の負担が可能な保険も存在しており、それが民間の保険会社の医療保険商品なのです。

手術給付金の対象内にレーシック施術が含まれている保険契約を締結していれば、施術に際し契約時に約束された範囲内の保険金の需給が可能です。
ここで注意すべきポイントとして、民間の保険会社では「レーシック」という通称は用いず、正式名称の「駅島レーザー角膜屈折矯正手術」という表現を用いています。
民間保険会社にこの件で問い合わせる際には、この正式名称で確認すべき事を忘れないでください。

その給付金額は保険会社や契約内容に因って異なるのは先に触れた通りであり、現実公的保険のように3割負担で治まるケースは殆ど見られません。
1回の施術あたり数万円程度の給付が大半ですが、それでも患者にとっては大きな援助に違いありません。
あくまで民間組織と皆さん個人の契約に基づく給付ですので、ここで一概に明記出来ないのが現状です。
保険金給付に関する解釈も保険会社毎に異なる部分が見られます。

現在何らかの医療保険に加入中の方、あるいは近い将来のレーシック施術を視野に入れ、新たに医療保険への加入をご検討の方双方にお願いしたいのは、契約内容の徹底確認なのです。
流石に費用の大半をカバーしてくれる医療保険の存在は明言出来ませんが、レーシックが給付対象となる保険商品は複数存在しています。
ご興味をお持ちであれば、お手数でも皆さん自身で先ずは疑問点をクリアにするところから着手してください。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.