自分

レーシックで重要なのは角膜の厚さ!

レーシックの施術に際し、担当医が最も慎重に確認するのが患者の角膜の厚さであり、施術に必要な厚さが無い場合「施術不可」と判断されてしまいます。
レーシックの施術はレーザーを用い、角膜を薄く剥がしてフラップを作り、そこに視力を調整する薄いレンズを挟み込み再度角膜を装着して復元する手順で行われます。
レーシックの手術そのものは30分ほどで終わります。
平たく表現すれば「角膜を2枚にスライスし、その間に人工的なレンズをサンドイッチして元に戻す」作業なのです。
また、体質などによってレーシック対象外者になる場合もあるので、全員がレーシック対象者というわけではありません。

この作業に耐え得るだけの角膜の厚さが必要なのは当然の事なのです。
また角膜の厚さはこの作業にのみ重要な訳ではありません。
基本1度の施術で視力回復が実現出来、その後もその視力を維持し続けられるのがレーシックの大きなメリットですが、人体への繊細な手術ですので、これも100%とは断言出来ません。

例えばhttp://adcan.jp/demerictuto.htmlにも書いてあるように、患者が視力を回復した後、視力維持を怠り間違った生活習慣の中、再度視力を落としてしまうケースもゼロとは言い切れません。
こうした場合は再手術も技術的には可能なのですが、ここでその時点での角膜の厚さが「鍵」となるのです。
1度目の施術で角膜に加手した事で、2度目の施術が難しい角膜の厚さになってしまっていた場合、レーシックでの視力回復は望めなくなるのです。

コンマ数ミリより更に薄い世界での精密な作業となるレーシックですので、術前の角膜の状態の確認には慎重を期します。
この角膜の厚さの重要性に関しては、レーシックを扱う全ての医療機関が声を揃え、各々の公式サイトなどで皆さんに告知しています。
施術を検討されている方、あるいは決心された方の全てが事前のカウンセリングや検査でも、この点に関してしっかり理解するよう説明を受ける事となります。

仮に角膜の厚さが足りず、施術不可の判定が出てしまった場合、残念ですがレーシックは断念せざるを得ません。
勿論医師は絶対に許可しませんが、仮に手術に適応出来ない薄い角膜に無理矢理施術したなら一体どのような事態に陥るのか、それは語らずともご理解いただける通りです。
眼鏡やコンタクトレンズで十分な視力を確保するスタイルで、有意義な毎日を過ごす方向に気持ちを切り替えましょう。
実際にレーシックの施術OKの判断が出た後、当日になって止める人も少なくありません。
矛盾するように思われるかも知れませんが、レーシックだけが視力矯正方法ではありませんし、視力低下に悩む全ての人達にとってベストとも言い切れないのです。
レーシックとコンタクトレンズを比較してみると、レーシックがお得だということが分かります。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.