自分

レーシックとコンタクトはどちらが得なの?

基本全額自己負担レーシック施術ですから、諸々の総費用は数十万円単位となるのが現実です。
「レーシックに興味はあるけれど、そんなに高額ならコンタクトのままで良いかな?」と費用面がネックとなり、施術に踏み切れない方々の声も多数耳にしています。
ですがここで冷静に考えていただきたいのが、今後人生を通じて購入し続けるコンタクトレンズの総費用なのです。

レーシックは1度施術を受ければ視力が回復し、その視力をその後維持出来る優れた視力治療方法です。
また、レーシックには種類があるので自分に合うレーシックを選べます。
対してコンタクトレンズの場合、皆さんの残りの人生を通じ、常に購入補充を続けていかなければならない視力矯正アイテムです。
ここではレーシック施術に必要な総額の明示は敢えて控えますが、消耗品であるコンタクトレンズに関しては、現在ご利用中であれば、例えば1年間に費やしている総額は弾き出せるはずです。

仮に皆さんが今30歳と過程して、健康な人生を過ごせたなら最低でも残り40年から50年以上、コンタクトレンズを使用し続ける事となります。
この時点で既に、どちらの総額が安価なのか、頭の中で答えが導き出せているかと思いますが、いかがでしょうか?
この「レーシックとコンタクトの費用比較」に関してもまた、インターネット上で興味深い試算結果が算出配信されています。

何より皆さんの現時点での年齢や普段愛用されているコンタクトレンズの単価に因って数値は異なって来ますが、既にお気づきの答えは次の通りです。
「健康な人生を過ごされるのであれば、レーシックの方が圧倒的に経済的」
どの配信を確認頂いても、答えはこれで共通しています。
勿論最終的な判断は皆さん個人個人に委ねられますし、それぞれの金銭に対する価値感も異なれば、吟味に際しての優先順位も違っていて当然です。

「1回の大きな出費は損だ」との認識が強い方であれば、それが理由でレーシックは選択肢から外れてしまうでしょうし、長い目で物事を判断されるのであれば、自ずと違った結論となるでしょう。
但しレーシックには、お金以外のさまざまな「得」が実現出来るメリットが存在する事も見逃せません。
何より眼鏡やコンタクトを手放せない煩わしさや、スポーツや趣味などに際して感じ続けていた制約とサヨナラ出来る点は、金銭以上の大きな「喜び」を届けてくれる事、間違いないのです。
半ば諦めかけていた「視力矯正ツールが無用の毎日」を実現出来るのは唯一、レーシックという優れた治療法なのです。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.