自分

レーシックの後遺症について

高い安全性と確かな効果で急速に施術を受ける人が増加中のレーシックですが、必ずしも100%安全かつ確かな効果が確約されている訳では無いのが現実です。
これは決してレーシックが信頼出来ない視力矯正法であるという事では無く、全ての事象に対して「期待に沿わない状況となる可能性」が潜んでいる事を私達は認識しておかねばなりません。
レーシックという「手術」に関しては、それは「後遺症」という形で存在している事をしっかり理解し、
それがどのような症状状況なのかを事前に確認しておく事は非常に重要なのです。

まず最初に挙げられる症状として、施術後「見え過ぎてしまって逆に不自由を感じてしまう」というケースが報告されています。
専門用語でハロ・グレア現象と称されるこの症状、治療した部分に加え施術していない目の部分からも光の屈折が入って来る事で生じます。
目で捉える風景が眩し過ぎ、結果夜間でもサングラスが必要となる人も稀に発生しており、更に視界が滲んだ感じとなってしまうのもこの症状に含まれています。

次にドライアイとなってしまったケースも多数確認されています。
ですからレーシックを受ける事を検討中で既にドライアイの症状をお持ちであれば、その症状が術後更に進行してしまう懸念がある事を知っておきましょう。
施術前に担当医にその旨を伝え、十分にカウンセリングを行った上で施術に踏み切るか否かを最終判断してください。

その他施術後にどのタイミングでどのような後遺症が生じるのかは十人十色であり、勿論全ての人が後遺症と対峙する訳ではありません。
例えば施術直後から光が眩しく感じる人もいれば、そうした支障は全くなく、後年になってその症状を
「もしかしたらレーシックの後遺症なのでは?」と思う場合も皆無ではありません。
それが老眼の進行時期と重なった場合、眩しさの原因がレーシックに起因するか否かの判断も難しくなります。

レーシック自体が歴史の浅い施術法ですので、患者が高齢に達した際の後遺症に関しては現時点では未検証の部分も多いのが現状です。
レーシック施術後に後遺症が生じた場合、既に1度眼球に手を加えた状態故、再手術が不可能な場合も想定されます。
再手術で改善出来ない目の状態であれば、結果一生それらの後遺症と付き合って行かざるを得ない可能性もゼロとは言えない事は知っておきましょう
しかし眼鏡やコンタクトと無縁の鮮やかな世界は全ての人にとって魅力的な「見え方」に違いありません。
施術に際しては皆さん自身が安心納得出来るまで疑問点をクリアにした上で、全幅の信頼を寄せる事が出来ると判断した医療機関の専門医に担当してもらう事が大切です。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.