自分

レーシック手術後の見え方

それまで眼鏡やコンタクトレンズを用いなければならなかった、遠方の風景まで肉眼でハッキリ確認出来る、視力が弱い人達にとっての「夢」を実現してくれるレーシック。
期待と若干の不安感を胸に施術に踏み切る方が日々増加の一途を辿っているのはご存知の通りですが、果たして手術後、一体どのような世界を裸眼で捉える事が出来るのでしょうか。
特に眼鏡を装着している場合、眼球を上下左右端の方に大きく動かすと、レンズがカバーしてくれる範囲を超越してしまう為、自ずと視力矯正の可能範囲には限界が存在します。

ですがレーシックの場合は眼球の中心、すなわち黒目の部分に矯正を施す手術ですので、眼球稼働半に全てに於いてクリアな風景を肉眼で捉える事が可能となります。
またレンズが汚れて見えにくくなるような煩わしさともお別れ出来るのも魅力です。
ちなみに手術後の見え方ですが、手術直後から既に見え方自体大きく回復していますが、視神経と皆さん自身の身体がその状態に戸惑いを見せるのは仕方ありません。

個人差が存在しますが、手に入れたより良い視力に「慣れる」のに若干の時間を有するケースも皆無ではありません。
またレーシック術後のトラブル的症例として語られる、夜間のヘッドライトなどがハレーションを起こしたかの如く映る症状に関しても、時間の経過と共に治まるのが一般的です。
レーザーを用いて角膜に細工を施している訳ですから、眼球自体が落ち着きを取り戻すまでに要する時間、神経がそれに対応出来るまでに要する時間が若干存在します。

術後眼の状態が落ち着けば、夢にまで見た鮮やかでクリアな世界がその目に飛び込んで来ます。
レンズという物体を通す事なく確認出来る、遠方のハッキリとした輪郭と色彩は「感動」以外の何物でもありません。
レーシック術後の風景の見え方に関しては、数多くの体験者がインターネット上で手記を綴り配信されています。

近視の程度や目標とした視力数値の設定など個人差こそ存在しますが、誰もが「レーシック手術を受けて本当に良かった」と喜びと感謝の声を揃えている事実が、全てを物語っています。
勿論中には術後の想定外のトラブルに関する報告も配信されており、そうした場合の見え方の特徴などを事前に知っておく事で、万一の際にも速やかに対処出来るでしょう。
高い安全率と確実に視力が回復出来る信頼性が魅力のレーシックですが、眼という非常に繊細な部所への施術ですので、色々な展開を想定しておく事は無駄ではありません。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.