自分

レーシックで乱視は治るの?

レーシックは近視を治す為の治療で乱視は治せない」との意見も多々見られますが、実際のところはどうなのでしょうか?
近視と乱視双方にお悩みの方からすれば、乱視が治らず結局眼鏡を手放せないのであれば、施術する意味すら曖昧になってしまい兼ねません。
大切な人体のパーツである「目」に関する疑問ですので、ここでキチンと確認しておきたいと思います。

結論から言えば、今日の技術を用いれば基本、近視の手術同様角膜の屈折率を矯正する事で乱視知量は十分可能です。
そして技術と機材が進化を見せる今日では、通常の乱視のみならず不正乱視と称される症状の矯正も可能となっているのです。
とりわけ高度乱視と言われる強い乱視の場合、眼鏡やコンタクトでも矯正が難しい場合が少なくありません。

ですがレーシック手術を受ける事で、裸眼での視力の回復のみならず、乱視回復も同時に実現出来る事が確認されているのです。
少し医学的な内容になりますが、上下より左右の角膜曲率が大きくなっている乱視の方が正球形状のハードコンタクトを装着し続けている事で乱視症状が見られるケースが存在します。
こうした方の場合角膜中央の横長部分だけにレンズが触れ続け、結果眼球に負担が掛かり乱視を招いてしまうのです。

こうした過程で発症した乱視の場合、レーシック手術が効果的だと考えられているのです。
レーシックに保険適用はされないので、高額ですが一生の事を考えると良い金額かと思います。
但し全ての乱視がレーシック手術で確実に改善出来るとは限りません。
いわゆる円錐角膜という角膜の一部が周辺より薄くなっている為、眼圧で角膜が外側に突起する事で視力に乱れが生じる乱視の場合、レーシック手術が更に角膜に悪影響してしまいます。

通常より薄い角膜に施術する事で、更に角膜の屈折率を悪化させ、最悪失明のリスクも伴ってしまうので要注意なのです。
いずれにせよ眼球という非常に繊細なパーツに手を加える行為には違いありませんので、専門医の事前診察とカウンセリングを確実に行う事が大前提です。
「レーシックで治す事が出来る乱視と出来ない乱視が存在する」というのが結論です。

ご自身で色々な情報を収集して検証する事も確かに大切ですが、中には素人目線で個人的な体験談や感想を述べた内容も混在しています。
レーシックが結果ハイリスクと判断された場合、残念ですが手術を断念し、眼鏡やコンタクトでの乱視矯正を選択する決断力も重要なのです。
乱視でお悩みの方、乱視の兆候が気になり始めている方皆さんにぜひ、ここでお話した内容を確認いただければと思います。
完全オーダーメイドレーシックは高額ですが、メリットは沢山あるので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.