自分

レーシック手術を受ける前に知っておくこと

即日帰宅も可能な手軽さと確かな効果で日々施術希望者を増やし続けている注目の視力矯正法、それがレーシックですが、手術を受ける前にキチンと知っておくべき事も少なくありません。
ここではそうした重要なポイントを皆さんと一緒に確認しておきたいと思います。
まず最初に、レーシックは全ての人が希望通りに受ける事が出来ない事を知っておきましょう。

殆どの医療機関では20歳未満(一部では18歳未満)の若い世代は施術不可と規定しています。
理由は未だ眼球が成長過程のこの時期は視力自体が不安定であり、施術後に目の状態が変化してしまう事でレーシックで施した作業自体が無駄になってしまう事を防ぐ為なのです。
また角膜という繊細な部位にレーザーを照射する手術の為、人によっては再手術が不可能な場合もあり、万一の際に再治療が出来ない状況を防ぐ意味も含まれています。

更に一定年齢以上の患者もまた、受けられないケースが大半であり、これは加齢に伴い発症する目の病気の治療を優先させる眼球を保つ目的を優先させるが故なのです。
次に現在何らかの目の病気を患っている場合、過去に目の病気を患い治療や手術歴を有する場合、その他身体の病気を有する場合も施術不可と判断されるケースが大半です。
レーシックを受けた事が結果、身体の諸々の部位の状態を悪化させてしまったり、現在患っている目の病気を進行させたり、あるいはそちらの治療の支障とならない事が目的です。

これらの病歴を伏せて施術を受けた結果、非常に深刻な事態を招いてしまう事例も報告されています。
術前のカウンセリングに際しては、いくら自身がレーシックを強く希望するからと言っても虚偽申告してはなりません。
最悪失明に関わるような視力低下となってしまっては、取り返しがつかない事をしっかり認識しておきましょう。
また、レーシックによる職業選択の幅についても考えておきましょう。

その他妊婦の方など、胎児へのリスクが考えられる時期のレーシックもお薦め出来ません。
「育児期間に入る前に眼鏡とサヨナラしたい」と妊娠後にレーシックを希望される女性が後を絶たないのが現状ですが、しっかりと産婦人科医とレーシックの担当医、双方と話し合いましょう。
レーシック自体が直接胎児に悪影響するリスクは殆ど考えられませんが、普段とは変調を来した状態の体調での目の施術はやはり、控えた方が賢明である事に違いありません。

その他レーシックを受ける事が決まってから施術当日までの期間に於いても、日常生活で注意すべき点が多数存在しています。
最も大切なのはやはり体調管理と目に余計な負担を掛けない生活習慣を維持する事です。
ベストコンディションで施術当日を迎える事が出来る様、睡眠食事から日々の行動に至るまでの自己配慮を心掛けましょう。

Copyright(C) 2013 目の視力維持のために大切な事 All Rights Reserved.